忍者ブログ
ぶーりんが虹の橋を渡った後に迎えたくろまめ。 ぶーりんと入れ替わるようにお腹に宿ったチビも無事に生まれて、賑やかになりました。
[81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71]
家族紹介
管理人 me-ko
大阪在住 主婦

長男 ぶーりん♂
2009.2.6-2012.2.12
パイド
先天性の病で天国へ。
優しい甘えん坊。

次男 くろまめ♂ 
2011.12.6-
ブリンドル
元気一杯のやんちゃ坊主

三男 チビ ♂
2012.10.23-
にんげん
最新コメント
[07/19 meko]
[07/07 fumi]
[04/21 meko]
[04/17 FBC事務局]
[04/17 ちゅんこ]
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これは4/15に保存してた記録。
その1からの続きです。

*゚+.。:;+.:;。+゚*♡*゚+.。:;+.:;。+゚*♡*゚+.。:;+.:;。+゚*♡*゚+.。:;+.:;。+゚*♡


強がって前を向かなきゃと
必死だったこの二ヶ月。

普通に生活できるようになったけど
ふとした時にすごい落ち込む。
最初は本当にダメダメで
夫婦関係もあんなに幸せだったのに
会話もなくなってぎこちなくなった。

そんな私を見兼ねペットショップに
いくことになった。
そこにいた値段も貼られてない
今度の周年記念に出す予定の四匹の
ブリンドルの子犬がいた。

とても可愛いけど私の目は
別のトコにいたパイドに目がいく。
でも可愛くてずっとみてたくなる
四匹の子犬たち。
少し元気をもらえた。
そしてそのうちの一匹に夫は
ビビっときたらしく
飼うことになった。

正直乗り気じゃなかった。
一度外に出て話し合った時に

あんな状態の私を見ていられないと

言った夫の言葉で飼うことに決めた。

ぶーりんを迎えた時は私のビビっときた感じで押し切って飼うことになった。
まだ婚約状態で同居してなかった為
結局夫がぶーりんと
きちんと暮らせたのは
最後の9ヶ月位だった。
それを申し訳なく思う気持ちもあって
夫が気に入った子犬を迎えることにした。

名前は黒豆。

おせち料理から頂いて
健康で長生きしますように。
と願ってつけた。

そこからは夫は黒豆に夢中。
でも私はつわりもあって
マスクをしても中々近づけなかった。
子犬で長く遊べないことやゲージで
長時間寝かす時期だったことも幸いしてなんとか過ごすこともできた。

つわりがひどい時は黒豆を見ただけや
想像しただけで吐いてしまい
このまま可愛がれないのではないかと
不安にもなった。
ぶーりんじゃないからダメなんだって
ひどいことを思ったことも正直あった。

あの時は飼い主の義務で最低限の
お世話をするのに精一杯だった…

でも今は一緒に散歩もいけるし
長時間抱っこもできる位
大丈夫になった。
まだ匂いがダメだけど我慢できる位に
体調も回復してきた。

黒豆はぶーりんと似てるところが
一つもない位正反対で全く違う生き物を家族にした気分だった。

色形はもちろん、全く人にも犬にも
動じない好奇心いっぱいの性格。
尻尾もプリプリ動くし
ピョンピョン跳ねまわるし
高いところからも平気でジャンプ
しようとする。しっかりした足。
これが本来のフレブルなのかな?っても思えた。

それは凄くありがたくて
黒豆とぶーりんを
比べることがまったくない。
比べられる所がないと言った方が正しいかな。

純粋に可愛いと思える。


続きます。













にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ ひろば にほんブログ村 子育てブログ 子供とペットへ
PR
この記事にコメントする
name
title
color
URL
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by ニンジャブログ Designed by 穂高
Copyright © いつでもそばに〜'll Never forget my angel〜 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]